ドロドロ・ネバネバ唾液を防ぐ3つのポイントと役立ちグッズ!

緊張するシーンでは口の中がネバネバするイメージ

朝起きた時に誰もが口臭が臭くなるモーニングブレスや緊張した時のストレス時口臭など、口のニオイが気になる時には必ずと言っていいほど、口の中が乾いて唾液がネバネバ・ドロドロになっています。

このネバネバ唾液を放っておくと、口臭が発生するだけでなく、口の中の酸性化を防ぐことができなくなって虫歯ができる原因になります。

虫歯ができて口臭を気にする女性
唾液のネバネバ・サラサラ具合は口臭と虫歯リスクのバロメーター

言い換えれば、常に唾液をサラサラに保つことができれば、口の中の環境をいい状態に維持することができるということ。

つまり、口臭の発生や虫歯ができるのを防ぐことにつながります。

この記事では唾液をサラサラに保つことに絞って、誰でも簡単にできる口臭対策についてまとめてみました。

さわやかな息を実現するための参考にしてください。

サラサラ唾液維持のための方法

口の中を唾液が常に潤している状況を維持するために、

  1. 外部から水分を補給する。
  2. 今ある水分を失わないようにする。
  3. 自前で唾液を分泌させる。

の3つのポイントから対策してサラサラ唾液を実現します。

外部から水分を補給してサラサラ唾液を維持する

日中や緊張時などに体の水分量が減ってしまうことで唾液がネバネバになってしまうのなら、失われる水分をこまめに補うことでサラサラ唾液を維持する方法です。

サラサラ唾液は唾液の循環作用がしっかりと働き、嫌気性菌の活動を抑制して口臭の発生を予防してくれます。

水分補給

水分補給でネバネバ唾液を防ぐ

水分を失って足りなくなる前に、予防的にこまめに水分補給することを心がけましょう。

手元に水の入ったペットボトルを置いて水を飲むという行為は、口臭対策に限ったことではなくごく当たり前の行為なので、人前でも自然に行うことができます。

サラサラ唾液を維持する最も簡単で有効な方法です。

口臭対策に手元に水を常備しておくのは、マストですよ。

口の中に氷を入れる

氷でネバネバ唾液を防ぐ

口の中に氷のかけらを含んでおくと、少しずつ溶けることで口の中をうるおしてくれます。

氷を含んでいると口の中の温度を下げる作用もあり、嫌気性菌の活動を低下させる+口臭物質のガス化を防ぐ、の2つの面から口臭の発生を抑えることができます。

使えるシチュエーションは限られますが、他人との食事や飲み会の時にドリンクに入っている氷を使ってできるテクニックです。

人工唾液を使用する

唾液の代わりに口の中を潤してくれる人工唾液と呼ばれるグッズがあります。

保湿剤が配合されていて、水を補給するよりも水分が粘膜に残りやすくなります。

携帯しやすいので、しばらく水を飲めないような状況になる時にあらかじめ用意しておけば安心です。

スプレータイプやジェルタイプがあります。

created by Rinker
biotene(バイオティーン)
¥1,173 (2018/12/11 12:10:39時点 Amazon調べ-詳細)

口の中の水分を失うのを防いでサラサラ唾液を維持

失われていく水分をできるだけ減らすことで唾液がネバネバになってしまうのを防ぎます。

寝る時にマスクを付ける

起床時に口臭が発生する大きな要因となっているのは、寝てる間に水分が蒸発し口の中が乾燥してしまうことです。

そのせいで朝起きたら口の中はカラカラ・ネバネバ。

就寝中にマスクを付けておくことで過剰な水分の喪失を防ぐことができます。

普通のマスクを使うと耳が痛くなったり息苦しいので、睡眠用のものを使うのがおすすめです。

睡眠中、口唇テープを貼っておく

寝てる間は、どうしても口元が緩んで口で呼吸をしがちになります。

口をあけて呼吸を続けると水分が蒸発しやすくなるので、口唇テープを貼っておくことで強制的に口呼吸を防いで、口の中が乾燥するのを防止します。

寝る前にプロフレッシュでリンスする

これは本筋から少し外れますが、私の経験からプロフレッシュでマウスウォッシュしておくと朝起きた時のネバネバした感じを防ぐことができます。

プロフレッシュ自体に乾燥を防ぐ効果があるわけではないのですが、実際に使ってみて感じたリアルな感想です。

それまで朝起きた時は口の中がネバネバした唾液でコーティングされているかのようだったのですが、プロフレッシュを使うようになってからそういうことがなくなりました。

口臭が無臭になる効果がプロフレッシュの本来の使用目的なのですが、ネバネバがなくなったのは思わぬ副産物でしたね。

プロフレッシュ
気になっていた口臭が消えた!プロフレッシュ徹底レビュー

唾液の分泌量を増加させてネバネバ防止

唾液腺から分泌されている唾液の量を増加させることで、口の中の乾燥を防ぐことができます。

手元に補給用の水分がない時に活用できます。

耳下腺マッサージ

耳下腺マッサージ

外から唾液腺のある部分をマッサージすることで、唾液の分泌を促すことができます。

大唾液腺は3つありますが、サラサラ唾液でpHの高い耳下腺を重点的にマッサージするのがベストでしょう。

耳たぶの前方、上顎の奥歯のあたりを指先でやさしく圧迫すると、じわっと唾液が出てくるのを感じることができます。

ガムを丸めて転がす

口臭をおさえるガム

ガムを噛んでいて味がなくなっても、すぐに捨てないでそのまま口の中に残します。

舌先でガムを丸いかたちに整えましょう。

その丸まったガムを口の中でもて遊ぶように舌の上を転がしたり、舌と歯の間や歯と頬の間を移動させます。

するとその刺激で唾液の分泌が促されて、口の中が潤ってきます。

ガムを普通に噛むのは学校や職場では難しいですが、この方法はガムを噛んでいるわけではないので目立つことはなく、人前でも使える技です。

口の端にガムの玉を寄せておけば、普通におしゃべりもできます。

でも、あまり大きなガムだとバレちゃうかもしれないので、小さめのガムで行いましょう。

ドロドロ・ネバネバ唾液は口臭発生の危険信号

唾液がドロドロしたり、ネバネバした状態は、口臭の主役である揮発性硫黄化合物(VSC)を作り出す嫌気性菌が元気になるサインです。

このサインがあった時には、すでにニオイ始めているはずです。

そのままなら、人に気づかれるほどに口臭が強くなるのは時間の問題です。

さらに、ドロドロ・ネバネバ唾液はそのまま歯の表面や舌の表面にまとわりついて、プラーク(歯垢や舌苔)へと変身していくでしょう。

なので、ドロドロ・ネバネバ唾液に気をつけるというよりは、常にサラサラ唾液を維持することを目指しましょう。

唾液の状態にはいつも気を配ることは、息さわやかを実現するために大切です。

まとめ

上記のような方法をいくつか知っておけば、いざというときに口臭の発生を予防することができます。

どれも手軽にできる方法なので、歯みがきができない時や口臭対策グッズがない時に重宝すると思います。

自分の口臭を客観的に判断することは難しいですが、唾液がネバネバしてくることは実感としてとらえることができるので、口臭がきつくなることを事前にとらえる目安として役に立ちます。

できるだけサラサラ唾液の状態を維持するように日頃から唾液の性質に気を配って、いやな口臭とさよならしましょう。

口臭発生を防いだら口臭サプリで息さわやかに

レディーズローズの中身、ソフトカプセル

いい匂いの人を目指すのなら、口臭を防ぐだけでは不十分。

ニオイの元を断ったら、持続力のある口臭サプリでさわやかな息を演出しましょう。

口臭サプリの香りにはいろんな種類があって、どの香りを選ぶかは個人の趣味の問題なのですが、嫌味のない上品でさわやかな香りといえばローズがおすすめです。

世の中にローズの香りを嫌いな人はいませんからね。

あなたのそばに近づいた時、ほんのりローズの香りが漂ってきたら、きっと誰もが好印象を持つでしょう。

さり気なく「この人、いい匂いがする…」と思わせるなら、ローズの香りは最適です。

いくつかあるローズの香りの口臭サプリの中でも、私が選んだのがレディーズローズ。

ローズの中でも最高級のブルガリア産ダマスクローズを使用した数少ない製品です。

1日3回の摂取でいい匂いのする人になれます。

さらにいいのが、口臭予防をサポートする成分がしっかり含まれていること。

ベースの口臭をおさえていても、食事や水分不足で口臭が出てくることがあります。

レディーズローズに含まれるパインファイバー・シャンピニオン・柿ポリフェノール・乳酸菌の4つの成分で万一の口臭発生をバックアップしてくれます。

また、サプリを使っていくことで1つ気になるのが安全性。

レディーズローズはGMP認定、HACCP、有機JAS認証の3つを取得した国内工場で製造されているので安心して継続利用できます。

レディーズローズは息さわやかになるための口臭サプリメントとしておすすめです。